フォトブックで形に

子供子供が生まれると、とにかく成長記録にと、写真を撮りまくっていくでしょう。かわいいから仕方がない部分でもありますが、デジタルカメラになり、フィルムの枚数を気にしたりしないでもどんどんと撮りためていけるようになったのは大きな要因です。データを格納するメディアも大容量化してきたのも、撮りためていけるようになったポイントでしょう。ですが、しょせんデジタルデータです。保管方法を間違えれば、1回で消えて取り出せなくなるような事態も想像しておかなければいけません。すべてのデータがなくなったときには、喪失感は半端なものではなくなるはずです。だからこそ、デジタルなデータをアナログな方法としてフォトブックにしておくことも考えておくべきでしょう。実際にネットワークプリントを使えば、自分自身に知識がなくても簡単にできるからです。

写真のデータは整理するのが一番です。ですが、実際になかなか行わないものでしょう。ネットワークプリントとフォトブックを使っていくのは、さまざまなメリットを生み出してくれます。アナログなかたちにすることで、データを失ってしまったときに備えるのもそのひとつでしかありません。

写真は手元にあるだけでも、暖かみも、その時の時間の重みも感じられます。デジタルとは違った価値が出てくるでしょう。大事な写真だからこそ、活用方法を考えておくべきです。ネットワークプリントはとても簡単に利用できますし、フォトブックも大切ですので、活用方法の参考にしてみてはいかがでしょうか。